FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月6日<3日目>

さて、3日目が始まりました。
夜中、雨音が聞こえていたので天気が心配だったんですけど
朝にはすっかり上がっていたので、ホッとしました。

さて、今日も元気に朝食を頂きます。
DSCF0083_convert_20090528160836.jpg
ブッフェではサーモン、カプレーゼ、チーズ、スイカをチョイスしました。
う~ん、相変わらずサーモンがおいしい。。。
そうそう、カプチーノの手前に見えている茶色い棒はシナモンスティックです。
これでマゼマゼすると、ほんのりシナモンの香りが移ってシナモンカプチーノになります。
オットがチョイスしたのはコチラ。
DSC_1458_convert_20090528163737.jpg
たっぷり野菜、カプレーゼ、チーズ、ミカンジュースです。
野菜不足にならない様、考えてのチョイスでした。
そしてメニューからオーダーした料理はコチラ。
DSC_1459_convert_20090528161032.jpg DSCF0085_convert_20090528160916.jpg
オットはフレンチトースト、私はナシゴレン。(追加でサラダも持ってきました)
フレンチトーストはフレッシュなイチゴとマスカルポーネが乗っています。
う~~ん、甘党のオットにはたまらない一品でしょうね。
私のナシゴレンは昨日のミーゴレン同様、スパイスは控えめ。
でもこれ、見た目のワリにご飯がぎっしりでお腹一杯になりました。

●●●

さて、今日はスミニャクエリアにお買い物へ出掛けます。
ザレギャンでは10時~4時までの2時間おきに1本、ホテル~クタのDFSまで無料のシャトルバスが
運行されています。ホテルからクタの間はルート上であれば希望の箇所で途中下車可能なんです。
(注:こちらのシャトルバスを利用する際は事前予約が必要です)
私たちはラヤスミニャック通りをショッピングしたかったのでマデスワルン2のスクエア前で
降ろしてもらう事にしました。

行きたかったショップは「ビンハウス」と「アシタバ」です。
「ビンハウス」とは世界に名を知られているバティックデザイナーの
ジョセフィーヌ・ウェラティ・コマラさんのお店です。
以前バリ島へ来た際も彼女のバティックを購入しましたが
デザインはもとより、生地がしなやかで肌触り・手触りが良くて大変気に入ったので
今回も是非購入したいと思っていました。
バティックにはシルク、綿、レーヨンなど様々な生地がありますが
私は綿が使いやすくて好きです。洗濯も楽々ですからね。
一口に綿といってもお店や価格によって生地感が全然違います。
ビンハウスの綿バティックは少し薄くて繊細な生地が厚ぼったくなくて軽くて使いやすいです。
スミニャックのビンハウスには洗練された様々な模様のバティック生地や洋服、小物などが
並んでいました。
でも残念な事に綿のバティックは置いていませんでした。
前回は空港店で購入したんですけど、綿素材のバティックを取り扱う店舗は少ないそうです。
仕方ないので今回も空港内のビンハウスで購入する事にしました。

ビンハウスと同じスクエア内にジェンガラケラミックの支店を発見しました。
有名な陶磁器のお店です。
大きな本店はジンバラン地区にあるんですけど
ホテルから行くにはタクシーを利用するしかないので
もしこちらで探している物があれば、と思って立ち寄ってみました。
スミニャック店はとてもこじんまりとしていて取り扱っているのは
白とグリーンの製品だけでした。私達が探しているのはピンクの製品です。残念。
滞在中のどこかでジンバランまで足を伸ばしてみるしかない様です。

そしてスクエアからしばらく歩いていくとアシタバに到着しました。
アシタバはアタ製品の専門ショップです。
アタとはバリ島の伝統工芸品の一つで主にトゥガナン村で作られているカゴ製品です。
シダ科のアタという水草(ツタの一種)を乾燥させて、割いて、編み上げて、燻して・・・と
様々な行程を経て作っていきます。
その網目の細かさ、美しさはまさに芸術品だと思います。
前回はコースターとランチョンマットを購入したので
今回はティッシュカバーや小さなゴミ箱、リモコンケースなどを購入したくてお店を訪れました。
アシタバにはハイクォリティの製品が沢山あります。
生活用品からバックまで・・・色々ありすぎて迷ってしまいました。。。
結局、全ては決められず、小さなボックスとカトラリーケースを購入しました。
明日まで考えて、また買いに来るつもりでお店を後にしました。

ショッピングの最中、道を横断したくても、信号は無く
沢山のバイクが行き交うのでなかなか横断できませんでした。
一瞬の隙を突くしかないので危ないです。
DSC_1466_convert_20090528161206.jpg

●●●

買い物を終え、ホテルに戻りました。暑い街を歩いたので汗だくです。。。
部屋で着替えをし、プールでクールダウンをする為にビーチへ行きました。
昨日と同じ場所のデイベッドで一休み。
すると隣にかわいらしい赤ちゃんを連れた外国人が来ました。
DSCF0089_convert_20090529094054.jpg
イケメンのパパに抱かれている赤ちゃんは
ガラス玉の様な青い瞳がとってもキュートでした。11ヶ月だそうです。
このご家族はアメリカからいらっしゃったとの事。
アメリカからバリ島ってどうやって来るんだろう・・・?!?!

プールでひと泳ぎをし、アフタヌーンティーを飲みながらベッドで休憩をしていると
キレイなサンセットタイムとなりました。見とれてしまいます。
DSC_1489_convert_20090528161507.jpg
お見苦しい写真でスミマセン・・・。

ビーチに出るとこれまたきれいなサンセットが・・・。
DSCF0099_convert_20090528162022.jpg

●●●

今日は沢山動いたのでお腹が空いてきました。
夕飯を食べに昨日と同じオベロイ通りへ出掛けます。
訪れたのは昨夜のルーマーズのすぐ近くの「ULTIMO」ウルティモというお店です。
店内には中庭があってとても雰囲気が良いです。
DSCF0181_convert_20090528163601.jpg
メニューを広げるとどれもこれもが美味しそうで迷ってしまいます。
悩んだ結果、シェフのオススメなどのメニューをチョイスしました。
DSCF0102_convert_20090528162151.jpg DSCF0103_convert_20090528162302.jpg
DSCF0104_convert_20090528162355.jpg DSCF0107_convert_20090528162541.jpg
ロブスターサラダ、自家製ダックラビオリ、リゾット、ナポリ風ピザです。
ロブスターサラダはゴロゴロとプリップリな海老が入っていました。
ビネガーの効いたドレッシングであえてあります。
自家製ダックのラビオリは正直驚きの味でした。
自家製というだけあって生地は厚手でモチモチ
中には濃厚でジューシーなダックのお肉がタップリと入っています。
リゾットはもっとクタクタのおじやみたいなライスを想像していたのですが
やや柔らかめのアルデンテでした。パルメジャーノチーズがタップリとかかっていてコクがあります。
ナポリ風ピザはアンチョビの塩味が効いていてちょっぴり塩辛め。
店内に大きな石釜があり、そこで焼いているので所々コゲがあって香ばしくてイイ感じです。
そして今日はスイーツも一つ注文。
二人で一つだからと油断していたんですけど出てきたのは・・・。
DSCF0108_convert_20090528162624.jpg
巨大なティラミスでした!直径12センチはありましょうか。日本のティラミスと違ってBigサイズです。
洋酒が効いていて大人な味です。
この他、 ビンタンビール大とエビアンを頼みましたが会計をしてビックリ!233,750Rpでした。
内訳は以下のとおりです。
エビアン 14,000
ビンタンビール大 22,000
サラダ 30,000
リゾット 38,500
ラビオリ 39,000
ピザ 37,000
ティラミス 32,000
税10% 21,250

やっぱり安いですね。。。日本円で約2,337円です。この味でこの価格。
昨日行ったルーマーズも美味しかったのですが、こちらもなかなか。
いや、むしろウルティモの方が美味しいかも??
こちらのお店も6時の段階では殆ど人がいなかったんですけど
8時頃には満席の大盛況でした。とても人気のあるお店なんですね。

お店を出てホテルに戻ります。
あぁ、明日は何をしようか・・・。そんな話をしながらオットと賑やかなオベロイ通りを後にしました。

ブログランキングに参加してみました。FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。