FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オットも私もラーメンが大好き。
関西はうどん文化なのでラーメン屋が少なく、そして私達にとっては味が薄い。。。
いつも、こってり&濃厚なラーメンが恋しいのです。

そんな私達は実家に帰ったら必ずラーメンを食べに行きます。
関東はまさにラーメン天国!!
ほんと、幸せです。
先日、関西から私の実家の近くに転勤になった友達が
「こっちってラーメン屋さんが多くてビックリだよ!!!関西では考えられない!!!」と言っていました。
でしょ、でしょ~~~。
うふふ。Aちゃん、お気に入りのラーメン屋さんを探してね。

さて、今回も行ってきました。「北海道らーめん おやじ」へ。
以前にも書きましたが、ココはオットと私の思い出のラーメン屋さん。
帰ったら必ず食べたくなります。
おやじ2
この、濃厚でクリーミーな感じがたまりません。
おやじ3
プリプリの卵麺に濃厚スープが良くからみます。
少し甘めのこってりスープは好みが分かれますが、私は好きです。

いつもはノーマルなおやじ麺を頼みますが、今日は辛めのラーメンを1つ頼んでみました。
おやじ4
上に乗っている具材は一緒。
スープが少し辛くて、その分甘さが控えめになっている様な気がします。
この辛いバージョンがなかなかウマイ!!!
どっちも甲乙つけ難い感じです。

やっぱり「おやじ」ラーメンは最高です。
また帰省したら食べに行きたいと思います。

ブログランキングに参加してみました。FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
とある町に美味しいイタリアンがあると聞いて初めて訪れた日の事・・・。
席の予約は1週間前からしか受け付けていなくて、受付開始と共に席が埋まってしまう人気店を
先輩が頑張って予約を取ってくれました。
その日は台風並みの大嵐で傘を差してもズブ濡れ状態。
駅からお店まで15分程歩くのですが、やっとの思いで到着した頃にはボロボロに・・・。
でも念願のお店だったので私も先輩もウキウキ。
そんな私達を待っていた悲しい事実を知らずに・・・。

お店の入り口で予約名を告げると店員から耳を疑う様な言葉が。
「本日は満席でお食事になれません」
「へ?」
先輩も私も何を言っているのかわからなくて
「いや、7時半に予約しましたが?」と言ったら
「予約は入っておりますが、予約が他のお客様と重複しておりまして
そのお客様が既にいらっしゃっているので本日は満席となってしまいました」

要するに早い者勝ちだったって事ですね・・・?!?!

先輩は予約を入れたのに!!!と猛抗議をしたけど
当然入店すら出来ず、他の客に聞こえない様にお店の外で
「満席だから無理」とバイトの男の子に言われました。
ズブ濡れの先輩と私は店の言葉と態度に唖然・・・。
結局、近くのお店に入ったけど、その日はイヤ~な気分でしたね。

しょっぱなにそんな思いをしたお店だけど、先輩は諦めずにまた予約を取りました。
どんなもんか食べてみたい!と言うのです。
実際食べてみると、変に飾っていない料理は確かに美味しくて
人気があるのもわかるな~といった感じでした。
スイスのインターラーケンでイタリア人がやっているお店で食べたピザがとても美味しかったけど
そこのピザに似ている様な気がしました。
石釜で焼いているから香ばしくて美味しいんです。
悔しいけど美味しい・・・。

○○○

そんな想ひ出のあるお店の予約が奇跡的に取れたので先日オットと行ってきました。

まず頼んだのがコチラの前菜。
ciro.jpg
ムール貝のペッパー風味
白ワインで蒸したムール貝に刺激的な位強めにこしょうが効いた一品でした。
これがこしょう好きの私の好みのド真ん中でした。
ちょっと塩辛めだったけど、強い味がムール貝のドロ臭さを消していてとても美味しいのです。

そして次に頼んだのがコチラ。
ciro2.jpg
プロシュートと季節の果物(無花果)
そんなに高級ではないけど、ちゃんとしたプロシュートの上にゴロッと無花果が乗っていました。
これはワザとかそういうのはないけど、ウマイ・・・。
プロシュート好きのモチイヌ家には最高の一品でした。

さて、お楽しみのピザにいきます。
ciro3.jpg
マルゲリータと4種のチーズピザのハーフ&ハーフ。
わかります?石釜で焼いているから端っこにコゲが。これが美味しいんですよーー!
ピザ生地がモッチモチで確かな歯ごたえがあり、噛み締めるほどに小麦粉の香りが広がるんですよ。
他のお店でも石釜ピザってありますが、ここのが一番美味しいと思います。
何でだろう・・・。

そして最後にパスタを。
ciro4.jpg
ワタリガニのトマトクリームパスタです。
文句無しに美味しい一品でした。
ワタリガニの濃厚な味がソースによく染み出ていて、パスタにまったりと絡みつきます。
当然の事ながら茹で加減はベストな状態です!

オットがスパークリングワインを2杯飲んでジャスト7,000円でした。
もっと食べたかったけど、オットと2人じゃこれが限界・・・。
こういうお店は大勢で来た方が楽しいかもしれませんね。

・・・と、いう事で今週の金曜日~土曜日まで義理の弟が遊びにくるので
予約をいれました。
なかなか電話がつながらず焦りましたが、何とか土曜日の11時半~をゲットしました。
弟よ、お姉さんは頑張ったよ。

弟を一度このお店に連れて行ったら気に入ってしまったらしく
その後何度かこちらへ遊びに来た時に予約をチャレンジしたけど取れませんでした。
なので弟にとっては念願の御食事(?)なのです。

私達も3人で何を食べようか、今から楽しみです。

ブログランキングに参加してみました。FC2 Blog Ranking
先週の土曜日、知り合いの紹介でセミオーダーのスーツやジャケットが作れる
ファミリーセールがあったので、久々にオットと共に大阪へ行って来ました。

会場には種類は若干少ないものの冬物の生地が並んでおり
オットの希望の紺ブレ生地もあったので、そちらでマリンテイストのジャケットをオーダーしました。
マリンテイストのジャケットをず~っと探していたのですが
なかなか気に入ったモノに出会えませんでした。
セミオーダーなら殆ど全てを好きに決められるので、こんな機会を紹介してくれた
Nさんに感謝です!

さて、朝イチでジャケットのオーダーを済ませて、お昼はラーメンを頂きました。
会場の近くにあるコチラのお店で。
http://www.rakuzan.info/hpgen/HPB/categories/44663.html
コチラはカレーラーメン専門店の「楽山」さんです。
モチイヌ家、以前の記事でも書きましたがカレーが大大大好き。
きっと前世は南アジア出身の民族だったと思われる・・・。だって本当にカレーが大好きなんだもん。
でも、ラーメン好きでもある私たちはどちらも好きだとはいえ
何となくカレーラーメンは邪道だと思っていました。
が、食してみなければわからない!と挑戦してみる事にしました。

楽山さんの店内はとってもキレイで清潔感がありました。
カウンターのみのお店で、カウンターの上にはメニューが掛けてあります。
楽山
麺は2種類ある様でつけ麺は太麺、それ以外は細麺との事なので
私は迷わずカレーつけ麺を、オットは辛めのカレー坦々麺をオーダーしました。
しばらくすると・・・同タイミングで出てきました!
まずは私の頼んだカレーつけ麺。
楽山3
全てのメニューにおにぎりが付いてくる様です。これは嬉しい!!!
つけ汁にはかつおぶしが振りかかっていて
スープの中には温泉卵と炙りチャーシューも沈んでいました!
さてお味は・・・。
魚介系のダシの味が鼻から抜けていきます!
でもカレーうどんの和風ダシとは少し違って、明らかにラーメン用の魚介ダシです。
麺にいい具合にカレーが絡んでおいしい!
途中で温泉卵を絡めて食べると味がまろやかになってなおうまし。
さらにおにぎりをかじってスープを飲むのもいいですねぇ~。
食べ方にアクセントを付けられるので最後の最後まで飽きないカレーラーメンでした。

さてオットのカレー坦々麺は・・・。
楽山2
こちらはかつおぶしではなくて、すりゴマがかかっていました。坦々麺だからね。
味の方はつけ麺よりもはるかにスパイシーで辛い!!!
でも辛さに強いモチイヌ家にはもっと辛くても大丈夫でした。
ベースのスープはつけ麺とは違う様に思います。ちゃんと分けているのですね。
こちらにもおにぎりが付いているので、最後の最後まで楽しめます。

いや~どちらも期待以上においしくて、カレーラーメン、こういったジャンルもアリだと思いました。
邪道だと言っていたのを撤回します。
近くにあったらきっとしょっちゅう食べに行ってしまうんだろうな。
それくらい気に入ってしまいました。

カレーは偉大だ! ごちそうさまでした。

ブログランキングに参加してみました。FC2 Blog Ranking
実家帰省グルメ第5弾です。

この日はオットの弟が兼ねてから誘ってくれていた
四谷にある「ふく」というお店へ行ってきました。
http://r.gnavi.co.jp/p636700/
彼はここのお店をいたく気に入っており、月に数回は通っているそう・・・。
さて、どんなお店でしょうか。

新宿の伊勢丹前からタクシーを拾い、ワンメーターで到着しました。
表通りから路地を入って行くと、そのお店はビルの半地下にありました。
入り口は木戸でなかなか風情のある雰囲気です。
お店に入ると30代後半と思われる女将さんと奥には大将が。
わりと若いご夫婦が経営されているんですね。
さっそく席について、飲み物を選びます。
大将は元ソムリエで女将さんはきき酒師の資格を持っているんですって!
なので飲み物のメニューが豊富でした。
オットは嬉しそう。。。

飲み物を選んで一息ついていると、お料理が運ばれてきました。
今日お願いしているのは季節のコース料理6500円(弟セレクション)です。
ふく
最初の一品はそうめん瓜のゴマ和え。
テレビで見た事のあるそうめん瓜。食べるのは初めてでした。
味はクセがなくて、コクのあるゴマ和えにはピッタリだと思いました。

そしてお次は
ふく2
カニと白ずいきのダシジュレ掛け。
さっぱりとした味わいが夏らしい一品でした。

次に出てきたのが
ふく3
トウモロコシのすり流し。
こちらはサラッと頂ける冷製スープ仕立てでとても美味しかったです。

次はお造りです。
ふく4
カツオ、サンマ、鯛が盛られています。
生臭くなりがちなサンマはよっぽど新鮮なものでないと頂けないですけど
ここのサンマは全く生臭くありませんっっ!
角の立っているとても新鮮なお刺身でした。
築地で仕入れているのかな・・・。

ふく5
そしてお次は鱧の湯引きキュウリソースです。
キュウリって青臭くて、すりおろして使うには難しい食材ですが
キュウリの風味だけが上手に生かされているソースでした。
ちょっとビックリ。

ふく6 ふく7
そして次は天婦羅か炊き合わせをチョイスするんですけど、私たちは両方取ってシェアをしました。
松茸の天婦羅は大将からのサービスです。
通い詰めている弟がいたからこそのサービスなので、弟に感謝!
私達は初モノの松茸にうっとり。。。
こちらのお料理は断然天婦羅の勝利だったと思います。
炊き合わせはちょっと普通でした。。。

次は別注文したお料理です。
お店の名前が付いている、その名も「ふくかつ」。
ふく8
お店の名物料理らしいんですけど、コレがね!
お肉を一旦ダシなどで柔らか~~く煮て、それをカツにしているのです。
だから油っこくないし、お肉は箸でスゥ~っと切れるし
お肉にはほんのりダシの味がついているんです。
「とんかつ」とはまた違った別ジャンルを築いた逸品でした!感動っっ!!!
ただ、一旦お肉を茹でているから、カツにすると箸で持った際にお肉と衣が分離しちゃうんです。
これを何とか出来れば完全無敵のカツになるでしょう。
しかし、お肉を一旦煮てからカツにするという発想・・・私にはなかったです。ハイ。
今宵、一番のビックリでした。

ふくかつの感動が冷めやらぬうちに、最後のシメの雲丹蕎麦です。
ふく9
コレがーーーーっっ!
ふくかつで気分が最高潮に達しているのに、その上をいく素晴らしいお蕎麦の登場です!!!
角の立っている大将手打ちの蕎麦はお見事!の一言でした。
と~~~~ってもおいしい日本蕎麦を久し振りに食べました。
関西ってうどん文化が強くて、おいしいお蕎麦屋さんがないんです。
そんな蕎麦に飢えたオットと私はあまりの美味しさに涙すら出てきそうな勢い。。。
そして上に乗っている雲丹ですが、これまたアマーーーーと叫んでしまいそう!
ミョウバン臭さなんて一切なし!
この蕎麦、スゴ過ぎ・・・。

最後の2品にノックアウト状態の私達の前にデザートが出てきました。
ふく10
この杏仁豆腐も最後にスルッと入って、良かったです。

コースを食べて、ふくかつを追加注文して、これ以外に鮎の風干し一皿を頼んで
お酒を飲んで、1人1万円でした。
ちょっとお高めだけど、東京だしね。
芸能事務所がすぐ近くだしね。(それだけ都会って事!)
ふくかつと雲丹蕎麦が美味しかったしね。
このお店に月数回も通っている弟は都会のサラリーマンって感じがしました。
かっちょいー!
お店を出る時、兄(オット)と私に大将と女将さんが丁寧なご挨拶をしてくれました。
私達が「母が心配をしているので、弟に暴飲暴食をさせないでください」とお願いをしたら
「それは無理ですねぇ~」と笑って言われちゃいました。
弟よ、どんだけ食べてんねん!
お互いに自粛しようね。
スリムな体になって年末に会おうね。

飲んだ後にウマイ蕎麦を食べられる「四谷 ふく」、ステキなお店でした。

ブログランキングに参加してみました。FC2 Blog Ranking
実家帰省グルメ第4弾です。
ラーメン編が終了したので今度は懐石料理にいきたいと思います。

この日はオットの両親と私の両親とでランチを頂く事になっていました。
またこの会食はオットの母の還暦祝いを兼ねています。
久々の顔合わせに若干緊張。。。

訪れたのはコチラのお店。
井中居
井中居さんです。
http://ichukyo.net/

趣のある入り口を通ると、その先には竹林が広がっています。
そしてそこを抜けるとステキな建物が見えてきます。
井中居2
今日はこちらでランチの「笹」4200円(サービス別)を頂きます。

席に着くとまず昆布茶が運ばれてきました。
井中居3
この昆布茶はただの昆布茶と思いきや、すだちが入っていました。
昆布茶って生臭くて金魚鉢みたいなニオイがするからあまり好きじゃなかったんですけど
この昆布茶はすだちが生臭さを消していて、とても美味しく頂けました。
なかなかのアイディアだなぁとウェルカムドリンクの段階で感心してしまいました。

さて、懐石料理のスタートです。
まずは前菜です。
井中居4
還暦祝いと伝えていたので、寿マークに包まれて前菜が運ばれてきました。
外してみると、とてもステキな盛り付けです。
井中居5
それぞれのお盆に取り分けます。
井中居6
竹筒には季節の青菜のおひたし。
ほおずきの中にはトマトが。
グラスの中には夏の山菜が盛り込まれています。
どれも一口ずつ。丁度良い量です。
味付けは素材を引き立てるダシがメインの薄味。
体に染み渡ります。。。

次に運ばれてきたのは椀物。
井中居7
かぼちゃしんじょ。
温かいお出汁の中に沈む柔らかなしんじょはかぼちゃの甘みがやさしい一品でした。

次は向付です。
井中居8
トウモロコシ豆腐 旨出汁ゼリー掛け。
これがねぇ~、奥さん!!
トウモロコシのお豆腐なんて初めて食べたんですけど、これが絶品!
口に入れるとトウモロコシの風味と甘みが口の中に広がります。
あぁ、幸せ・・・。

さて、次は焼き物です。
井中居9
鮎の塩焼き。
鮎の季節ですね~。
季節の鮎は身がふっくらとしており、はらわたも新鮮で頭から頂けます!
これは多摩川の清流で取れたものかな・・・。

焼き物の次は焚合です。
井中居10
冬瓜のスープ煮 野菜ソースあん掛け。
この冬瓜はお出汁をしっかりと含んでおり、口の中で上品なお出汁がジュワ~と広がります。

次は止肴。
井中居11
夏野菜と鱧の南蛮漬け。
鱧って湯引きが一番!と思っていたけど、南蛮漬けもおいしいんですね!意外でした。
考えてみれば鱧はわりと淡白な身だから、南蛮漬けも合うに決まっていますね。

そして最後のご飯です。
井中居12 井中居13
枝豆おこわと葉唐辛子。
この枝豆おこわの炊き加減が絶妙で、葉唐辛子の相性ともバッチリ!
隣の父が思わず「これ、うまいなぁ~・・・」と独り言を漏らしていました。

お料理が終了し、最後に桃のジュースが出てきました。
井中居14
これはね、桃そのもの!って感じでしたの!!
某社のネクターとはちゃいまっせ。
ワタクシ、桃ってあまり好きじゃないんです。
つか、あまりに当たりハズレがありすぎて、買う気にならないんですよね。
そんな私が美味しさのあまり、お店の方にレシピを聞いてしまいました。
詳しい分量は聞いていないので、今度家で試作してみようと思います。
上手に出来たらブログにアップしますね。

井中居はとにかく盛り付けが凝っていて、建物も食事スペースも趣がありますが
何よりも季節の野菜を使った体にやさしいお料理が魅力のお店です。
肉ドーーン!ではないけど、こんな料理もたまにはいいかな・・・と思うのです。

ごちそうさまでした。

○○○

食事の後はオットの実家でデザートタイムです。
オットの母が作ったロールケーキと私の両親が持ってきたプリンの共演です。
井中居15
甘いものは別腹なんですよねぇ~。
ケーキは母が5時に起きて焼いたものです。
フワフワでとっても美味しかったです。

ケーキを食べながらオットの父が趣味でやっている仏像彫刻の鑑賞をしました。
仏像 仏像2
これ、父の最新作なんですけど、見事じゃないですか?
とても素人の作品とは思えません。
つか、師匠を超えているんじゃないかな・・・。
とにかく素晴らしいの一言!
父は生粋のA型なので、こういった緻密な作業が向いているのかも。
誰にも言った事はありませんが、私は小さい頃、彫刻とか版画とか木材加工が超得意でした。
結構、こういうのに興味があるんですよねぇ~。。。
木の切れ端をもらって、小さな何かを作ってみたい気がします。
いや~でも、こんな作品を目の前にしたら恥ずかしくて出来ないですね。

とにかく素晴らしいの一言でした。

ブログランキングに参加してみました。FC2 Blog Ranking
実家帰省グルメ第3弾です。
紹介するのはまたしてもラーメン屋。
東京・神奈川はラーメン天国につき、お気に入りのお店が沢山あって大変です!
血糖値もコレステロールも上がりまくりです。
でも実家帰省グルメのラーメン編はこれで最後。
張り切っていきたいと思います!

○○○

今回訪れたのはこちらのお店。
横濱家
横濱家さんです。
東京・神奈川ではわりと有名なお店です。
今ではチェーン店になりました。
http://www.yokohama-ya.co.jp/index.html
HPも立派です。

さて、横濱家で毎回食べるのがコチラのラーメンです。
横濱家2
味玉ラーメン780円 、これを麺大盛(150円)にします。
そして餃子とライスを頼んでオットとシェアをします。
なぜシェアかというと・・・。
私にはちょっぴりコッテリすぎて1人前を食べられないからです。
ほんの少し食べただけで十分満足してしまいます。
とはいえ、美味しいから関東に帰ると食べたくなるのです。

横濱家さんは麺やスープの好みを聞いてくれるので、オットはいつも
「麺カタ、油多め」を頼みます。
ラーメン好きの間ではお馴染みの頼み方ですね。。。

さて、肝心のお味は・・・。
じっくり煮込まれたとんこつスープはクリーミーで濃厚です。
プリプリの自家製麺はちょっと太めの縮れ麺でコシが強く、濃厚スープに負けません!
麺には防腐剤などは使っていないんですって。
そして何と言ってもココは味玉がおいしい!
黄身までしっかりと味が染み込んでいます。ちょいと甘めの味付け。

ラーメン全体のバランスはサスガだと思います。
店舗を増やしてきただけの事はありますね。

さて、餃子についてですが、こちらの餃子は単なるラーメン屋の餃子で
先に紹介した大八の餃子の様な興奮は得られません。
薄めの皮で小ぶりな餃子は箸安めにはイイんですけどね。

それにしてもこういう濃厚ラーメンは関西にはありません。
横濱家さん、関西にも出店しないかな。

ブログランキングに参加してみました。FC2 Blog Ranking
実家帰省グルメ、第2弾です。
今日はこちらのラーメン屋さんを紹介します。
都内某所にひっそりと佇むラーメン屋・・・。
らーめん大八であります。
http://ramendb.supleks.jp/shop/6189
昔ながらの中華料理店といった感じで、ちょっぴり古臭い店内は郷愁を誘います。
大八
開店間もなかったのでまだ席が空いていますけど、12時近くになったら満席になりました。

さて、こちらで私が頂いたのはコチラ。
大八2
ラーメン定食880円。
しょうゆラーメンと餃子3個、ライスとお漬物が付きます。
ここのねぇ、餃子が美味しいんですよ~~。
皮がモチモチでお野菜がたっぷり。大好きです。
そしてメインのラーメンは手打ち麺でやや太め。
これがしょうゆスープに絡んでイイのです。
早速頂きます。
大八3
やっぱり、手打ち麺のモチモチ感はイイですねぇ~。サイコーー!
昨日紹介した「ほりうち」の麺に少し似ているかな。
私は「ほりうち」や「大八」の様な佐野ラーメン系の麺が好きなんです・・・。
ちょっぴりしょっぱいスープに良く合うのです。

さて、オットが頼んだのはコチラ。
大八4
チャーハン590円。
と、餃子5個475円。←コチラは画像がありません。。。
チャーハンはやや濃い目の味付けで昔ながらのチャーハンといった感じでしょうか。
洗練されていない感じが好きです。
みなさんがきっと一度は食べたことのある味だと思います。

そして弟が頼んだのがコチラ。
大八5
塩ラーメン620円。
と、餃子3個285円と半チャーハン245円。
コレ、ハンパない量ですのよ。。。
塩ラーメンは炒めたもやしがどっさりと乗っていて、しょうゆラーメンよりもあっさりしています。
が、少ししょっぱくて、弟は水を飲みながら食べていました。

店内を見回してみると家族連れが多いのですが、ガテン系の方も多い。
だから味付けが濃い目なのかしら。
味付けが濃いからガテン系の方が好むのかしら。

でも私はここのラーメンが好き。
東京の中心部から外れた場所にありますが、隠れた名店はこういったトコロにあるものです。

ブログランキングに参加してみました。FC2 Blog Ranking
オットの会社は先週1週間、お盆休みでした。
7月にも1週間あったのに、8月もまたお休みでした。
こんなんで大丈夫なんでしょうか・・・。さすがに不安です。

さて、この休みを利用して実家へ帰省していました。
前半は私の実家、後半はオットの実家へ。
実家へ帰ってさぞやゆっくり・・・と思いきや
連日飛び回って遊んでおり、ちっともゆっくりしていませんでした。

今週は実家周辺(?)で堪能してきた美味しいグルメを紹介したいと思います。

○○○

まずは、こちらのラーメン屋を紹介したいと思います。
ほりうち
「らぁめん ほりうち」さんです。
http://gourmet.livedoor.com/restaurant/322546/photos/list/0/0/
こちらのラーメン屋は数10m先にある「満来」というお店の元従業員が開いたお店で
満来とほぼ同じラーメンを提供するお店です。
元々私達は満来に通っていました。
オットと知り合ってすぐに連れて行かれたお店の1つで
かれこれ10年以上通っています。
以前、満来でオットの弟に遭遇した事がありました。
兄弟揃ってここのラーメンが好きらしく、彼らの通い歴は20年以上との事!
昔と変わらぬ味がイイらしいのです。

さて、今回は満来がお盆休みだったので、こちらのほりうちでラーメンを頂きます。
私が決まって頼むのがコチラ。
ほりうち2
ラーメン800円也。
スープはスッキリとしたしょうゆ味で、麺はやや太めの手打ち麺です。
メンマたっぷりなので、メンマ星人の私は嬉しい限り。
さて、頂きます!
ほりうち3
モチモチとした手打ち麺は本当に美味しいです。
でも、アレ?
満来はわりとちょっと茹ですぎ?的な柔らかい麺なのですが
こちらは茹で具合が抜群!コシが残っています!
もしかしたら「ほりうち」の方が美味しいかもしれません。
師匠を超えた?かも。

さて、オットが注文したのはコチラ。
ほりうち4
ざるラーメン850円也。
オットは夏でも冬でもつけ麺を頂きます。
ところで奥さん!
この麺の量を見てください!!!
これで普通盛りですから、食べ盛りのお子様のいるご家庭では嬉しいですね。
こちらはちょっとだけ酸味のある温かい汁にシメた麺をつけて頂きます。
一味唐辛子がアクセントとして効かせてあります。
さて、頂いてみます・・・。
ほりうち5
相変わらずの美味しさです。うまし!
つけ汁は少し味が濃いので、麺を食べ終わったら割りスープを頂けます。
しかし、「ほりうち」や「満来」は麺がとても多いので、それだけでお腹いっぱい。
割りスープをもらってスープを飲み干す事など出来ませぬ。モチイヌ家はね。

ところで、「ほりうち」や「満来」はチャーシューが名物なんです。
と~~~っても厚くてボリュームのあるチャーシュー麺とチャーシューざるらーめんは
よっぽど体調が良くないと食べられないそうです。(オット談)
もちろん私は頼んだ事などありません。
弟はいつも食べていますけど、ね。

○○○

ラーメンって本当に好き・嫌いなどの好みが分かれる食べ物だと思います。
最近では魚介系やら、トンコツやら、Wスープやら、坦坦麺スープやら
色んな種類の味があるので、尚更ですね。
この「ほりうち」は昔ながらのしょうゆ味。
今の時代では少し古臭い味なのかもしれませんが
私はこの「永遠の定番」的な味のラーメンが大好きです。

本当に美味しかったです。
こちそうさま。

ブログランキングに参加してみました。FC2 Blog Ranking
先週はオットの会社が夏休みだった為、しばらくブログの更新をしていませんでした。

休みというのはあっっっという間に終わってしまう、儚いものですね。。。
でも、沢山遊んでブログの記事ネタを仕入れたので
今週は頑張ってアップしていきたいと思います。

○○○

週末はオットの弟が遊びに来ました。
出張で名古屋へ来たついでに関西まで足を伸ばしてくれたのです。
ついでというには遠いけど(名古屋→関西は300キロなり)
わざわざ来てくれるなんて嬉しいですね!

彼は遊びに来る時はいつも手土産を持って来ます。
今回は源吉兆庵の和菓子詰め合わせ。
こ、こ、こ、こんな高級和菓子がモチイヌ家に来たのは初めてです。。。ひょえ~。
嬉しいけど、オネイサンとしては手土産なんて持って来ないでもっと気楽に来て欲しいです。
これから長い付き合いになるんだからね。毎回じゃ大変だよ。
それに手土産代を払うなら、そのお金で1回でも多く遊びに来て欲しいと思うのです。
でも、おいしく頂きました。ありがとね!

さて、弟が到着した日は台湾旅行の翌日だったので
大急ぎでザッと掃除をし(かなり手抜き)、お布団の用意をしていたので夕飯までは手が回らず
近所の魚屋で鯛と鱧を購入し、あとは大あさりの酒蒸し、サラダ、ザーサイ豆腐、たらこ茶漬けなど
まさに切るだけ、盛るだけの簡単料理にしました。
しかもお酒のアテになるお料理ばっかりですね。あはは。
案の定、オットと弟は沢山飲んで11時には夢の中でした。
鱧 鯛納豆
ちなみにこの鯛納豆は鉄人道場さんのレシピなのです。
昆布締めにした鯛の上にひき割り納豆、しょうゆ、大葉、かつおぶし、ネギをまぜまぜしたモノを
乗せます。しょうゆをチョンチョンと付けて頂くのですが、これが美味しいんだよ~。
なんだか贅沢な食べ方だけど、かなりイケます。

○○○

翌日は前々から弟を連れて行きたかった神戸のフレンチレストラン「ペルージュ」を予約しました。
ペルージュには以前行った事があるんですけど
バターとオイルをタップリと使い、味も量もボリューム満点で
健康とかヘルシーとは程遠い外食だからこそ許される料理って感じでした。
そういう料理って美味しいんですよねぇ~。
今回はランチの4000円コースを頂きました。

まずはアミューズから。
コーンスープ
冷製コーンスープ。
網で焼いたとうもろこしが浮かべてあり、それが香ばしくて美味しい一皿でした。器もステキです。

お次は温前菜。
温かいオードブル
貝類ときのこのソテー ブルゴーニュ風。
オーブンで香ばしく焼かれた貝類やタコを噛みしめると口中にウマミが広がります。
ホタテは半レア状態で、火の通し加減が絶妙でした。
噛み応えのある一品なのでお年寄りには厳しい、かも。

お次は冷前菜。
冷たいオードブル
鱧とモッツァレラチーズ 万願寺しし唐のソースとパプリカソース。
コレ、小麦などの雑穀や松の実・ナッツなどをソースで和えてあるモノが鱧の下にあるんですけど
香ばしくて濃厚オイリーで淡白な鱧と合わさると、かーなーりーgoodなのです!
めっちゃ、好みーーー!
鱧は身と皮の両面が炙ってあって、これまた香ばしい。。。
いや~、コレ、好きです。

冷前菜で一気にテンションが上がったところでメインへ入ります。
オットと私が頼んだのがこちら。
子羊内臓
茶路めん羊牧場の羊の内臓のソテー。
北海道の牧場で育った羊の脳みそ(!)や肝臓、腎臓などの内臓をソテーしたものが
フォンドボーソースで味付けされています。
とっても美味しいんですけど、脳みそには・・・、ちと抵抗がありました・・・。
食感は白子みたいな感じでしたよ。。。

そして弟のメインはこちら。
カモ胸肉
鴨胸肉のソテー。
このこんもり盛られた胸肉。かなりボリューミーですよね?
胸肉の下にはまたもやナッツ系が敷かれていた様です。
美味しいに違いない一品だと思いました。

さて、ここまでくるとかなりお腹一杯ですが、お待ちかねのデザートに突入しますよ!
・・・と、思いきや、デザートの前になんと小さなデザートが運ばれてきました!
小さなデザート1
ライムのジュレを添えたスフレです。半冷凍状態でひんやり~。
柑橘系のさっぱり味だけど、生クリームがしっかりと効いているのでこってりなのです。
メインのデザートに使えるんジャネ?と思うくらいに、ステキなお味でした~。

さて、いよいよデザートです。
クレームブリュレ1 ミルフィーユ1
ガトーショコラ3
ラベンダーのクレームブリュレ ココナッツアイス添え (オット)
無花果のミルフィーユ バニラアイス添え (ワタクシ)
温かいとろけるガトーショコラ バナナアイス添え (弟)
画像を見るだけでわかると思いますが、最後の最後までボリュームがありました。
もちろん味もgoodです。
それぞれに合う、違ったアイスクリームは添えてありましたが
一体何種類のアイスを作っているのでしょうか・・・。素晴らし過ぎです。

最後はコーヒーやハーブティーを頂いて終了しました。

○○○

以前より添えてある野菜が増えたけど、どっしりとした味は健在でした。
バターやオイルの量は減ったけど、その代わりにナッツ類を沢山使って
コクを出している様に思いました。

いや~本当に美味しかったです!ごちそうさまでした。

○○○

食事の後、弟は新幹線に乗って帰りました。
私達はしばし神戸を散策。。。
するとオットが旅行で疲れているのに弟をもてなしたからと
ブルガリのネックレスを買ってくれました!!!
たとえ疲れていても、私も楽しかったし、美味しかったし
だからこういう事は全然苦じゃないのに・・・。
でもこうやって私を労ってくれる彼の気持ちがとてもうれしかった。
こういうオットだから私は頑張れるのです。
本当にありがとね。。。

ブログランキングに参加してみました。FC2 Blog Ranking
週末はオットと久し振りに映画館へ行ってきました。お目当ては「ターミネーター4」。
モチイヌ家はアクション映画が好きです。
映画って難しく考え込んでしまう作品より
観ていて楽しくて、ハラハラドキドキする作品の方が気分がスカッとして好きなんです。
特に好きなのは「007」シリーズ。
オットはジェームズ・ボンドが大好きで彼を師と仰いでいます。
7,777セット限定発売の40周年記念DVDBOXを購入し、男のダンディズムを研究(?)しているほど。
私も敵に撃たれ様ともシャレっ気とセクシーさを忘れずにキザなセリフを吐くジェームズボンドを
ステキだと思います。

話は反れましたが、今回観たターミネーター4も劇場で観ると迫力があってなかなか良かったです。
主役のクリスチャン・ベールとキーパーソンのサム・ワーシントンの演技も良かったです。
ただ、前作までとは違って審判の日以降の話ですから、全く違った映画という印象でした。
テイストとしては審判の日以前の話の方が好きです。

最初にターミネーターを観た時のシュワちゃんの印象はすご過ぎでした。
そういう意味ではターミネーターの初めての作品が一番良かったのかもしれません。

とはいえ、さすがにシリーズ化されている作品だけあって、出来は良かったですよ。
アクション好きな方には、是非劇場で観て頂きたい作品です。

○○○

週末のイベントはもう一つ。
無性にお肉が食べたくなったので、焼肉屋へ行ってきました。
「肉の館 羅生門」という焼肉屋さんです。
ここはお肉の質が良いのにお値段がリーズナブルなのでとても好きです。
ホルモン系も充実しているので、ちょいちょい出掛けています。
まずはビールから。
羅生門1
黒生と生のハーフ&ハーフです。
中ジョッキで514円。生ならではの美味しさです。
さて、お肉へいきます。
羅生門2
和牛カルビ2人前と上リブロース120gと炙りレバー。
炙りレバーはサッと焼いて塩ゴマ油で頂くんですけど、これがサイコー!
季節的にレバ刺しは難しいので、炙りで頂きます。

そしてお次はホルモンへ・・・。
羅生門4
ホルモンが苦手な方はゴメンナサイ!
コテッチャン2人前と上ミノです。
ここのコテッチャンはフワフワしていてとっっても美味しいんです。
でもかなりオイリーなので沢山食べてはいけません。

そして最後のシメはユッケジャンクッパです。
羅生門5
グツグツと熱く煮込まれた雑炊がたまりませんのぅ~。
見た目よりは辛くありません。コッテリとした味付けで美味しい!
他にオットも私もライスを頼んでいます。
ライスを食べているくせにシメのご飯とか言っちゃうモチイヌ家・・・。

お気付きかと思いますが、モチイヌ家は焼肉屋で野菜類を頼みません。
肉を食べに来たのですから、思う存分肉を食べるのです。

は~、大満足。お腹いっぱい。ご馳走様でした!

お店情報はコチラです。↓
http://r.gnavi.co.jp/k745602/

ブログランキングに参加してみました。FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。